朝起きたとき腰が痛い原因は?

画像の説明

こんにちは。
セイブ自然療法院の渋江です。

当院の腰痛のお客様からよく質問を受けるのですが、「朝起きた時に腰が痛い」と言う訴えです。

「起きてからしばらく腰が痛いのですが、時間が経つと痛みはなくなるんです。」

と言われる方がとても多いです。

朝だけ腰が痛いというのは股関節の硬さが原因の場合が多いです。

もう少し具体的に言うと股関節の前側が硬くなり、 骨盤の動きが 制限され、代わりに腰を使って姿勢を伸ばそうとするために負担がかかって痛みが出ているのです。

要するに、股関節の代わりに腰が動きすぎることによって痛みが出ているという事ですね。

反り腰

ではなぜ股関節が硬くなるのかというと普段の姿勢や骨盤周りの筋力バランスが関係してきます。

デスクワークで1日中座りっぱなしの姿勢が多い方や、反り腰の方は骨盤が前に傾いているので股関節を曲げた状態で過ごす時間が長くなります。

デスクワーク イラスト

筋肉というのは同じ姿勢が続くと硬くなる性質があります。 股関節が曲がった状態で硬くなると股関節を伸ばしづらくなり、腰を反らして姿勢をまっすぐにしようとするため反り腰になるのです。

また、そり腰になると仰向けで寝るのが辛くなります。

仰向けで寝れないとなると横向きに寝た方が楽になるので、股関節を曲げた状態で寝ることになります。

朝まで横向きで寝ると当然股関節が曲がった状態で硬くなるので、朝起きたときに股関節が動かしづらい為に、腰を反って痛みが出てきます。

ではこの症状を改善するにはどうしたら良いのでしょうか?

反り腰になっているという事は腰を反らせる筋肉は硬くなっています。

背中側の筋肉が硬くなっている反面、股関節を曲げる筋肉は力が出しにくい状態になっています。

という事は、背中側の筋肉を緩めて股関節を曲げる筋肉は力を出せる状態にすれば良いと言うことです。

マッサージなどで硬くなっている筋肉を直接緩めても一時的には症状は改善しますが、力が出せない筋肉があるとそこをかばって働く筋肉があるので筋肉はすぐ硬くなって元通りの状態になります。

まず始めにしないといけないのは、力が出せない筋肉を働かせるようにすることです。

ねらう筋肉は腸腰筋と言う股関節を曲げる筋肉です。

腸腰筋が力を出せるようになると背中側の多裂筋と言う筋肉が緩んできます。

骨盤を支えている腸腰筋と多裂筋のバランスがイーブンになると腰がリラックスした状態になります。

そり腰の姿勢も改善され、 痛みもなくなっていきます。

当院では、弱くなった筋肉を見つけてそこを働かせるトレーニングを行います。そして硬くなっている筋肉を緩めていくことで早期に症状を改善させていくことが可能なのです。

朝起きた時に腰が痛いと言う症状がある方はぜひ一度ご相談ください。

あなたの腰痛の原因を明確にして必ず改善する方向へ導いていきます。

コメント


認証コード6104

コメントは管理者の承認後に表示されます。