膝の痛みは内転筋が働いていないのが原因だった

画像の説明

福知山市の整体院、セイブ自然療法院です。
今日は中学一年生の女子生徒の膝の痛みを訴えてきましたのでその臨床例です。

クラブ活動ではバレーボールをやっていて、他にも武道の道場に通っています。

武道の大会を前に蹴をしたときに膝辺りがピキッと来てそれ以来膝の少し上辺りが痛くなったということでした。

しかし、どこが痛いのかを確認していくとハッキリしません。

何度か確認すると膝の近くの太ももの外側に痛みが出るようです。



となると、ハムストリングスに過緊張があり蹴ったときに瞬間的に引き延ばされて痛みが出るのでは?
と仮定しました。

そこで、膝を曲げてもらいどの角度まで曲げると痛みが出るのかを指標に施術を行いました。

ハムストリングスの拮抗筋である内転筋とその共同筋である腓骨筋に着目して何度か力を入れて貰うと徐々に痛みも減っていき最後には膝を曲げても痛み無くしゃがむことができるようになりました。

しばらく安定するまでは思い切った蹴は避けて軽く動かす程度にするように指導して終了しました。

大会で活躍することを願っています。

コメント


認証コード1819

コメントは管理者の承認後に表示されます。